日本の精益生産方式について(日语论文)

日本の精益生産方式について(日语论文)

日本の精益生産方式について(日语论文)

  • 适用:本科,大专,自考
  • 更新时间2021年
  • 原价: ¥304
  • 活动价: ¥200 (活动截止日期:2021-10-24)
  • (到期后自动恢复原价)
日本の精益生産方式について(日语论文)

日本の精益生産方式について

要旨:日本企業の強さは日本経済の高速発展の原因の一つである。日本の企業は同時に東西洋の文化の共通の影響を受け、合理的に西方の科学文化と東洋の儒家の文化を結びつけ、最終に自分なりものを形成して、実用主義の特徴を持っている企業になる。当時は、「豊田方式」と呼ばれていたが、近年、「豊田方式」は「精益生産方式」と呼ばれるようになり、この生産方式についてはすでに人々の間に深く根づくことになった。本文は精益生産方式について研究するつもりである。

キーワード:日本企業;文化;精益生産

一、はじめに

歴史的に言えば、どの国でも自動車産業は製造業において特殊な地位を占めている。自動車産業が発展すると、製造業のなかでは相当な比重を占めるようになるばかりでなく、それが主要産業となると、関連した技術ないし産業の発展が促進される。さらに指摘しなければならないのは、自動車産業における生産方式や経営管理面での変革が製造業全体に対して深い影響を与えるということである。生産方式の面でも存在し、かつ後者の改善がより必要であることが明らかになった。生産管理方式の改革は市場経済の需要に応じるため急務となった。このような状況のなかで、自動車産業はやはり一足早く改革に乗り出した。

二、精益生産方式の理念

(一)「精益生産方式」の名前の由来

実際は1978年の改革開放時点に遡ることができる。当時は、「豊田方式」と呼ばれていたが、近年、「豊田方式」は「精益生産方式」と呼ばれるようになり、この生産方式についてはすでに人々の間に深く根づくことになった。なぜ「精益」と呼ぶようになったのかというと、アメリカにおいては「トヨタ生産方式」は「LeanProduction」としてアメリカ流に組み替えられ、定着したのであるが、中国では、それを「精益生産方式」と翻訳したことによる。実はこの呼び方には深い意味が含まれている。つまり文字そのものから解釈してみると、「精」は、品質向上を、すなわち精良・精確・精美を示しており、「益」は、コスト節減を、すなわち低コストを通じ利益を得ることを示している。これは豊田方式の「品質重視」、「ムダの徹底的排除」、「原価低減と付加価値の増加」といった基本的思想を適切かつ簡素に反映したものだということができる。

ところで、「精益生産方式」と「豊田方式」との関係はどう捉えればよいであろうか。両者を同一視する人もいるし、前者は理論であり、後者は方法であるとする人もいる。ここでは、精益生産の理論は、豊田方式をはじめとした日本の生産管理方法に対して深く研究を行った上で得られた管理原則と思想であると捉え、そのような管理原則と思想に基づき、生み出された生産方式が「精益生産方式」であると定義しよう。豊田方式は豊田自動車製造会社の生産管理方法であり、むろんトヨタ固有の特徴を持っており、とりわけ生産プロセスの管理に重点を置いたものと考えることができる。これに対し、精益生産は原材料の供給から製品を顧客に提供するまでの全過程を対象としたものである。すなわち、原材料供給、部品調達、生産過程、製品販売ないし製品設計などのすべての過程を含めている。また精益思想は自動車製造業だけに限定されるわけではなく、他の産業にも適用されるものである。むろん、自動車製造業だけでみると、その共通性は多い。

一、选题简介、意义

1.选题简介:精益生产(简称LP)是美国麻省理工学院数位国际汽车计划组织(IMVP)的专家对日本丰田准时化生产JIT(Just In Time)生产方式的赞誉称呼。精益生产方式源于丰田生产方式,以汽车工业这一开创大批量生产方式和精益生产方式JIT的典型工业为例,经理论化后总结出来的。精益生产方式是战后日本汽车工业遭到“资源稀缺”和“多品种、少批量”的市川制约的产物,它是从丰田相佐诘开始,经丰田喜一郎及大野耐一等人的共同努力,直到20世纪60年代才逐步完善而形成的。

2.意义:本文旨在探讨和分析日本精益生产是什么,精益生产的特点和本质,日本实行精益生产的原因,日本精益生产为日本企业带来的好处,日本精益生产为何会受到国内外企业界的浓厚兴趣。

二、课题综述(课题研究,主要研究的内容,要解决的问题,预期目标,研究步骤、方法及措施等)

1.课题背景与产业背景: 精益生产(Lean Production,简称LP)是美国麻省理工学院数位国际汽车计划组织(IMVP)的专家对日本丰田准时化生产JIT(Just In Time)生产方式的赞誉称呼。1950年,在战后的日本经济萧条,缺少资金和外汇的环境下,鉴于日本和美国的文化差异,日本的丰田英二没有照搬美国的大量生产方式,而是按照日本的国情,另谋出路,经过30多年的努力,终于形成了完整的丰田生产方式,使日本的汽车工业超过了美国。后来由美国麻省理工学院组织世界上17个国家的专家、学者,花费5年时间,耗资500万美元研究总结出这一先进的生产方式精益生产,并很快风靡全世界。

2.国内外现状:目前国内外研究日本精益生产的论文可谓是比比皆是,但大部分都是表面上的探讨,并没有深层次地去探究其中的精髓。

.①国内的精益生产发展现状:绝大部分,处于精益生产的工具导向阶段。改革开放以来。国有企业在建设社会主义市场经济的实践中,逐步走向市场。市场经济要求企业充分认识市场需求的多元化,不断进行变革,提高企业应变能力。精益生产方式能往最短的时间内满足所有消费者的需要,能最大限度的占领市场,这对于刚刚进入市场经营体制的我国企业来说无疑是很好的借鉴。早在1979年,长春第一汽车制造厂就从日本引进以'看板管理'为核心的准时生产方式。随着精益生产理论与方法的成熟,我国企业对精益生产有了进一步的认识,开始在我国的汽车工业、电子工业、仪表制造业等实行流水线生产的企业中应用准时化生产方式,获得明显效果。例如:第一汽车制造厂、第二汽车制造厂、四川仪表四厂等企业。

②国外的精益生产发展现状;以丰田、本田、日产为代表的汽车制造业,在六、七十年代广泛实施精益生产管理,获得巨大成功,以低成本、高品质的产品享誉世界。精益生产方式能给企业带来巨大效益,既有有形的成效,如库存降低、品质提高、开发与生产周期缩短、人员减少、市场反应速度加快等,又有企业员工综合素质的提高,价值观的认同、创新能力的提高及团队精神的树立等无形成果。日本丰田汽车实行了精益生产方式之后,在短短的三十几年里就将汽车产业落后于欧美的地位完全改观,2004年丰田所创造的利润全球第一,超过美国福特和通用的总和;到2007年其汽车销量全球第一,销售额为2528亿美元,净利润165.4亿美元,这相当于美国汽车三巨头加上德国大众和宝马的利润总和,市值2000多亿美元,比底特律三巨头总和的7倍还多,在世界的汽车舞台上独占鳌头。继精益生产在汽车行业取得成功后,日本国内的电子、计算机、飞机制造等离散制造业相继实施了精益生产方式,并取得了很大成功。后来,精益的思想逐步被钢铁、化工等流程制造业接受,这些行业纷纷结合自己行业特点,创造出自己的精益生产方式,以至于精益生产方式成为日本工业竞争战略的重要组成部分。它反映了日本在重复性生产过程中的管理思想。这种思想就是通过生产过程整体优化,改进技术,理顺物流,杜绝超量生产,消除无效劳动与浪费,有效利用资源,降低成本,改善质量,达到用最少的投入实现最大产出的目的。目前精益的思想正被航空、以及零售服务业等非制造的产业吸收和创造性地运用,如:日本的7-Eleven便利商店,实时掌握顾客的购买需求,每天多次的快速补货,都成功地达到仅维持少量库存,同时又避免卖场货架缺货,增加产品销售的零售产业目标。

3.主要研究的内容:日本精益生产的本质和特点,日本实行精益生产的主要原因和其带来的好处。

4.要解决的问题:日本精益生产方式是什么,日本为十么会实行精益生产,其走上精益生产之路的主要原因究竟是什么,为何会受到国内外企业界的浓厚兴趣。

5.预期目标:深刻地探讨日本企业精益生产的原因,研究日本企业为什么会实行精益生产,甚至吸引众多国家效仿,却大多学不到精髓,并且探究我国能从中获得的经验较训,从而得出自己的结论。

6.研究步骤方法及措施:

①选题与问题陈述,明确研究的问题 

②搜集相关文献,认真阅读并筛选与研究主题相关的重要文献进行分析 

③将所研究的方面进行提炼,形成论文框架 

④通过分析研究得出结论和意义,写出论文。

7.研究方法及措施

①向指导老师请教和咨询

②通过各种渠道查阅相关资料和文献并进行分析

③研究和总结课程中所学的各种相关知识

8. 参考书目:

①刘树华,鲁建厦,王家尧《精益生产》,2010-01-01机械工业出版社

②王俊杰《精益生产理论与实务》,2006-10-01中国劳动社会保障出版社

③金应锡《丰田精益生产管理实战》,2011-03-01人民邮电出版社

④肖智军 党新民 刘胜军《精益生产方式》,2002海天出版社

⑤蒋贵善 俞明南《生产管理与质量工程》,2000机械工业出版社

⑥张庚淼 张仁华《企业经营战略与市场营销》,2001机械工业出版社

⑦王家善 吴清一 周佳平《设施规划与设计》,2001. 16机械工业出版社

⑧张锡华《精益生产方式的应用》,刊《汽车工艺与材料》2009.3

⑨]张金娟,蒋丽华,段向云《基于精益思想的服务流程优化研究》刊《物流技术》2009

⑩金应锡《丰田精益生产管理实战》,2011人民邮电出版社

目 次

要旨 1

キーワード 1

一、はじめに 1

二、精益生産方式の理念 2

(一)「精益生産方式」の名前の由来 2

(二)「精益生産方式」の必然性と意義 2

三、生産管理理念の転換 3

(一)市場経済下の消費者主導型 4

(二)「尽善尽美」と「ムダ排除」 5

(三)「共存共栄」方針による生産協力 6

四、品質管理 6

(一)従業員の「自控」活動 6

(二)「工程緑化」と「五不流」 7

(三)「精益生産方式」の推進中における壁 8

五、おわりに 9

参考文献 10

参考文献

[1]刘树华.鲁建厦.王家尧.精益生产[J].机械工业出版社,2010-01-01.

[2]王俊杰.精益生产理论与实务[J],中国劳动社会保障出版社,2006-10-01.

[3]金应锡.丰田精益生产管理实战[J].人民邮电出版社,2011-03-01.

[4]肖智军.党新民.刘胜军.精益生产方式[J],海天出版社,2002.

[5]蒋贵善.俞明南.生产管理与质量工程[J],机械工业出版社,2000.

[6]路永令.日米企業文化の特徴についての比較研究[D].南京师范大学,2016.

[7]王家善.吴清一周.佳平.设施规划与设计[J].机械工业出版社,2001-16.

[8]张锡华.精益生产方式的应用[J].汽车工艺与材料,2009-3.

[9]张金娟.蒋丽华.段向云.基于精益思想的服务流程优化研究[J].物流技术,2009.

[10]金应锡.丰田精益生产管理实战[J].人民邮电出版社,2011.


  • 关键词 日本 精益 生産 方式 につ いて 日语 论文
  • 上一篇:中国と日本の企業文化について
  • 下一篇:資生堂の発展戦略研究
  • 暂无购买记录

    暂时没有评论

    真实

    多重认证,精挑细选的优质资源 优质老师。

    安全

    诚实交易,诚信为本。

    保密

    所有交易信息,都为您保密。

    专业

    10年专业经验,10年来帮助无数学子。