百年老舗半兵衛麩経営状況の研究 (百年老字号半兵卫面筋经营状况研究)

百年老舗半兵衛麩経営状況の研究 (百年老字号半兵卫面筋经营状况研究)

百年老舗半兵衛麩経営状況の研究 (百年老字号半兵卫面筋经营状况研究)

  • 适用:本科,大专,自考
  • 更新时间2021年
  • 原价: ¥302
  • 活动价: ¥200 (活动截止日期:2021-03-03)
  • (到期后自动恢复原价)
百年老舗半兵衛麩経営状況の研究 (百年老字号半兵卫面筋经营状况研究)

百年老舗半兵衛麩経営状況の研究

要旨:日本において中小企業の事業承継問題に対する社会的関心が高まった時期、老舗企業への社会的関心も大いに高まりをみせるようになった。老舗企業は、幾度とく遭遇したであろう存亡の危機を乗り越えて、長期にわたって事業を継続させており、まさに事業承継の「お手本」というべき存在である。

キーワード:百年老舗:半兵衛麩;伝承

一、序 論

近年の日本では中小企業の事業承継問題がメディアで取り上げられることが多くなった。もちろん、中小企業の事業承継問題は決して現代日本特有の社会現象であるわけではなく、中小企業が存在するところならどこにおいても生じ得るものである。中小企業の事業承継問題といえば、往々にして世代間のコミュニケーション不全や衝突、遺産相続を巡る骨肉の争いといった問題が生じることになりがちである。そして、このような承継に関わる問題に備えてできるかぎり早くから計画的に対策を講じる必要が叫ばれることになるが、円滑に進まない場合が多い。こうした事業承継問題はどこでも生じ得るものであるが、特にある特定の時期に急激な高度成長を遂げたところにおいては、まさにその時期に「企業のベビーブーム」が生じており、それから30 年程度の時間が過ぎると、創業者たちが大挙して引退するため、事業承継問題が社会に及ぼす影響は極めて大きなものとなる。ちょうど 21 世紀を迎えた頃の日本はこのような事態に直面していた。この時期の日本では、中小企業経営者の高齢化、中小企業廃業率の急激な上昇などを背景に、中小企業の事業承継問題が喫緊の社会的課題として広く社会の関心を集めるようになった。この動きを象徴するものの一つが、2001 年版の「中小企業白書」において事業承継への支援が重要な政策課題として大きく位置づけられたということである。これを契機として、政府系のシンクタンクを中心に、中小企業の事業承継問題とそれへの対策に関する調査報告書、学術書・論文が多く出版されるようになった。こうした中小企業の事業承継問題を巡る議論の特徴としては、①事業承継を単純に相続税対策とみなさず、精神継承や人材育成も含めて多角的にとらえようとしていること、②事業承継を従来一般的であった親族内承継だけに限定せず、親族外承継やM&Aも含めた幅広い選択肢を想定していること、③事業承継を「第二創業」とみなし、それを可能にする条件を明らかにしようとしていることなどをあげることができる。

このように日本において中小企業の事業承継問題に対する社会的関心が高まった時期、老舗企業(一般的に創業から100年以上を経た企業)への社会的関心も大いに高まりをみせるようになった。老舗企業は、幾度となく遭遇したであろう存亡の危機(経済不況、天変地異、戦災、経営トップの急死、後継者不在など)を乗り越えて、長期にわたって事業を継続させており、まさに事業承継の「お手本」というべき存在である。帝国データバンクによれば、現在、日本において100年以上続く老舗企業の数は約 2 万社であり、このうち200 年以上が 938 社300年以上が435社を数えるという(帝国データバンク史料館・産業調査部編2009 : 50)。ただし、この数字には、帝国データバンクが把握できていない小規模な老舗(個人経営など)の数が含まれていない。世界の老舗事情に詳しい経営学者、後藤俊夫の計算によれば、日本には約 5 万社の100年企業が存在しており、このうち 200 年企業は 3,113 社を数え、世界全体の200年企業(57カ国・地域に7212社)の約 43%を占めるという。

このように日本において中小企業の事業承継問題に対する社会的関心が高まった時期、老舗企業への社会的関心も大いに高まりをみせるようになった。老舗企業は、幾度となく遭遇したであろう存亡の危機を乗り越えて、長期にわたって事業を継続させており、まさに事業承継の「お手本」というべき存在である。

二、半兵衛麩の事例

本節では、京都の地において320余年の長きにわたって商いを続けてきた株式会社半兵衛麩[3]の事例を通して、京都老舗企業の事業承継を巡る経験と知識・知恵および経営者たちを取り巻く社会的環境についていっそう具体的に検討した。以下の記述内容は、現会長で11代目当主の玉置半兵衛氏へのインタビュー、事業承継学会 2011 年度大会(同志社大学 ITEC との共催)での玉置氏の講演録「なすびの花-しにせの遺心伝心」、玉置氏の自著をはじめとする各種文献資料、ウェブ情報などに依拠している。

(一)半兵衛麩とは

半兵衛麩の創業は江戸時代初頭の 1689 年にまで遡る。京都御所で「賄い方」(調理係)を担当していた初代玉置半兵衛が麩の製造方法を習得し、それをもとに京都の町中で開業した店が半兵衛麩の起源である。それから今日にいたるまでの320 余年間、半兵衛麩は一貫して創業の地、京都で麩屋を営み続けてきた。初代半兵衛は、麩づくりの技術だけを頼りに無一文から麩屋を創業したため、苦労が絶えなかった。苦労人の父親の姿をみて育った 2 代目は、家業を父親と自らの妻に任せっきりにして、趣味であった三味線の師匠をしながら暮らだった。3 代目は、趣味人の父親の傍らで苦労の絶えなかった母親の姿をみて、母親に親孝行したいという一心から商いに邁進し、家業を大きく発展させている。この中興の祖というべき3代目は、商いだけでなく、学問にも非常に熱心であった。当時の京都では、石田梅岩の説く実践道徳の教えが商人の間で絶大な支持を得ていた。後に「石門心学」と称されることになる梅岩の教えは、当時の身分制度のなかで低い身分に置かれていた商人に対して、商いにより得られる利潤の正当性をわかりやすく説いた。この石門心学の教えに深く傾倒した 3 代目は、梅岩門下の杉浦止斎に師事し、自らも町衆を前に講釈を行なっている。梅岩への尊敬の念から娘2人に対して「梅」と「岩」と名付けたという逸話を残している 3 代目は、石門心学の教えを自身の子どもたちに伝え、それが半兵衛麩の経営理念となって今日まで受け継がれることになる。半兵衛麩の320余年にわたる軌跡は常に順風満帆に推移してきたわけではなく、幾度となくあった危機を乗り越えて今日にいたっている。例をあげると、江戸時代末期の1820年頃、折からの経済不況、天候不順、飢饉に加えて、麩の製造において重要な意味をもつ水の供給源である井戸が枯れるという事態が生じている。その際には7代目当主自らが三日三晩食事をとらず、身を清め、白装束をまとって井戸。さらに時代が下り、第二次世界大戦を迎えた頃、半兵衛麩は 320 余年の歩みにおける最大の危機に直面だ。戦前の半兵衛麩は10代目当主の下、多くの職人を雇用して麩の製造を行なうとともに、名古屋に支店を置き、大阪に麩料理専門の料亭を開くなど順調に事業を展開させていた。しかし、戦時統制の開始とともに、半兵衛麩を取り巻く環境が一変する。麩の主原料である小麦が入手困難となったうえ、鉄製の釜や機械がすべて軍需用

に供出されたことで、半兵衛麩は長期的な休業に追い込まれることになる。その後1953年に玉置氏が病床にあった 10代目に代わって店主となり、まさに徒手空拳から家業を復興へと導くことになる。この戦中~戦後初期における休業から復興への過程で重要な意味をもったのが、先祖より代々伝承されてきた経営理念に他ならない。

目 次

要旨...........................................................1

キーワード.....................................................1

一、序 論......................................................1

二、半兵衛麩の事例..............................................3

(一)半兵衛麩とは..............................................3

(二)伝承される経営念..........................................4

三、半兵卫麸の百年伝承「パスワード」............................7

(一)伝承「パスワード」:強力な再生力............................7

(二)伝承「パスワード」:行動の判断基準...........................7

(三)伝承「パスワード」:イノベーションは強力な生命力である.......7

(四)伝承「パスワード」:人材育成がカギだ.........................8

四、中国の家系企业の継承问题...................................8

五、総合........................................................8

参考文献.......................................................9

参考文献

[1]帝国データバンク史料館・産業調査部編.百年続く企業の条件-老舗は変化を恐れない[M].朝日新聞社.2009.

[2]後藤俊夫三代.100 年潰れない会社のルール[M].プレジデント社2009.

[3]玉置辰次.300 年続く老舗の訓え[J].致知.2009 (10).

[4]玉置半兵衛.あんなぁ よおぅききや[M].京都新聞出版センター.2003.

[5]河口充勇.経営理念の継承-経営人類学の視点[J].PHP Business Review.2010(60).

[6]日本経済新聞社.200 年企業[M].日本経済新聞出版社.2010.

[7]住原則也.経営理念-継承と伝播の経営人類学的研究[M].PHP研究所.2008.

[8]服部利幸.暖簾-京都老舗における信頼性[J].立命館経営学.2009,47(5).

[9]野中郁次郎.勝見明.イノべーションの做法[M].日本経済新聞社.2007.



  • 关键词 研究 半兵 年老 衛麩 経営 状況 百年 老字号 面筋 经营 状况
  • 上一篇:「清洁」と「清潔」からみる日本語と中国語における漢字同形異義語 (日语论文)
  • 下一篇:日本語表現の適切性について(日语论文)
  • 暂无购买记录

    暂时没有评论

    真实

    多重认证,精挑细选的优质资源 优质老师。

    安全

    诚实交易,诚信为本。

    保密

    所有交易信息,都为您保密。

    专业

    10年专业经验,10年来帮助无数学子。